トップ

歯科で働くための試験や資格

歯科で働くためには

予約

歯科に携わるいくつかの資格

医療分野の中の一つである歯科には、国家試験に合格しなければならない職業があります。それには、医師や衛生士、技工士があります。医師は、歯に関する全ての治療を行うことができます。厚生労働省が指定した大学を卒業し、国家試験に合格することが必要です。衛生士や技工士も国家資格を取得後、職務につくことができます。この他にも、歯科助手や受付や事務などの、民間が認定する資格もあります。これらは、実際に患者さんの治療を行うことはないため、必ずしも取得しなければならないものではなく、専門知識を習得し実務で役立てることが目的になるようです。

歯医者に関する国家資格

歯科医師は国家資格としてとても有名です。他に衛生士、技工士も国が認定した学校を卒業し、国家試験に合格しなければなることができません。取得していないのに、勝手に名乗ることは法律によって禁止されています。また、歯科助手もスタッフとして働いていますが、助手という国家資格はないために、誰でもなることができます。受付も同様です。民間で試験を実施していることがありますが、合格しても国からの免許は得ることはできないので、注意が必要です。同じ院内で働いていても、それぞれの職種ごとに仕事内容が異なるので、このような差が生まれています。

↑PAGE TOP